デザイン性、機能性を追求した本社オフィス

オフィスデザイン

文字サイズ

本社/技術研究センターは、至るところにIDECの得意とする制御技術を取り入れ、水、光、空気などを上手にコントロールすることで、自然と共存する「SAVE ALL」な設計がされています。例えば、外気を取り入れた自然換気システム、陽光センサーによる自動ブラインド、雨水の植栽散水利用、太陽光発電システムなどがあげられます。

また、本社オフィスは「Flexible Workstyle」をコンセプトとして設計されています。時代の変化・仕事内容・場所に関わらず、柔軟に働くことができ、かつ社員同士の「Face to Face」のコミュニケーションを可能とする空間で、フロア毎に多様なレイアウトを採用し、チーム・個人のどちらもフレキシブルに働くことのできるオフィス環境を実現しています。オフィスには、至るところにホワイトボードやミーティング用の共有モニターが設置され、あらゆる場所をミーティングスペースとして利用できます。各フロアはオープンスペースで組織変更などにもスピーディーかつ柔軟に対応できます。

このオフィスは、日経ニューオフィス賞、照明普及賞、照明デザイン賞、大阪まちなみ賞など数々のデザイン賞を受賞しています。

pagetop