人間性尊重経営

人間性尊重経営

文字サイズ

1. 人間性尊重経営とは

私たちIDECは、1945年の創業時より「社員すべてが人間性を尊重しつつ企業の発展を通じて社会経済に貢献し、人生に意義あらしめるにある。」という企業目標を掲げています。社員が「人生に意義あらしめる」ための経営姿勢が「人間性尊重経営」です。IDECにとって、一番に大切に考えていることは、ただ単に「利益を上げること」ではなく、「働きがい、生きがいを持って社員一人ひとりが活きいきと働く」ことです。「社員の幸せのためにIDECが存在している」という考え方を大切にしています。

2. オーダーメイド型人事

IDECでは、社員一人ひとりの適性や強みを踏まえた「育成ローテーション」、「人事配置」など「オーダーメイド型人事」を実践しています。社員一人ひとりに合わせたキャリアパスを考えており、国外を含むジョブローテーションによって、優秀人財の育成を図っています。また、キャリアアップへの高いモチベーションを持つ社員には、社内公募制度や海外トレーニー制度により、自ら挑戦するチャンスを提供しています。

3. ライフワークバランス

IDECでは、「ワークライフバランス」と言わず、あえて「ライフワークバランス」と呼んでいます。なぜ「ライフ」が先なのか?それは、当社の創業以来の考え方である「人間性尊重経営」と大きな関わりがあります。社員一人ひとりの「ライフ」を有意義なものにすることが、まず一番大切であり、それがあってこそ、「ワーク」も充実させることができます。 IDECでは、連続9日取得可能の「サマーバケーション制度」や有給休暇消化率100%に向けた取り組み、男性の育休取得、女性の出産・育児のサポートなどを推進することで「ライフワークバランス」の実現を図っています。

pagetop