旭洋造船株式会社様

マイナス50度の環境下で活躍するIDECの超低温場所用LED照明

左の写真は、マグロ漁船の冷凍倉庫です。冷凍船の倉庫は貨物の鮮度を維持するため、超低温(マイナス50℃以下)の状態に保たれています。そのため冷凍倉庫内で使われる照明には、超低温に耐えることのできる高い性能が求められています。

今回ご採用いただいたIDECの超低温場所用LED照明は、電源や筐体を低温に適した設計にしたことで、温度の影響を受けにくい構造となっており、超低温の倉庫でも点灯が可能となっています。

また、近年の環境意識の高まりのなか、船舶設備においても省エネ性能が求められていますが、この超低温場所用LED照明は高い省エネ性能で消費電力を抑えるとともに、一般的に使われている白熱電球に比べ、20〜40倍の長寿命となっており、電球交換などのメンテナンス負荷も低減されます。

ご採用いただいたポイント

  • ・超低温場所でも即時点灯が可能
  • ・少ない灯数でも明るく倉庫を照らす優れた光学性能
  • ・LEDによる省エネ性能とメンテナンス性の高さ

営業担当者の声

今回の商談では、当初低温場所用LED照明を紹介させていただきましたが、さらに苛酷な環境となる冷凍船向けのLED照明のご相談をいただきました。冷凍船のLED照明は当社としても初めてでしたので、様々な苦労がありましたが、社内技術陣の頑張りもあり、お客さまに満足していただける製品をご提供できました。これからもお客さまのご要望に応えられる製品づくりでお役に立ちたいと思います。

IDEC株式会社 制御コンポーネンツ営業本部 北九州営業所 時任一成

ご採用いただいた製品のご紹介

超低温場所用LED照明

LEDチップ98個を搭載し、明るさ1200ルーメンを実現した超低温場所用LED照明は、電源部分を温度の影響を受けにくい設計にしたほか、高い機密性を持つ筐体設計により、マイナス50度の環境下でも使用が可能です。

IDECの低温場所用LED照明

今回ご紹介した超低温倉庫用のみならず、IDECでは一般的な低温倉庫に最適なLED照明をラインアップしております。保護構造IP65の防水・防塵構造かつ、ステンレス製専用ケースを採用した小形・薄形タイプで低温場所以外での使用も可能です。

お客様のご紹介

お客様のご紹介

コンテナ船、貨物船、タンカー、冷凍船等各種船舶を製造されている旭洋造船株式会社様は、風の圧力を大きく低減させるデザインで高い注目を集めた「省エネ型自動車運搬船」の建造など、高い技術力で船主のニーズにフレキシブルに対応されています。

pagetop