トップページ > IDECについて > 企業情報 > 事業紹介 > 身近なIDEC製品 > 株式会社日本メディックス様

株式会社日本メディックス様

SSP療法器(低周波治療器)の操作用タッチパネルにご採用いただいた、プログラマブル表示器

プログラマブル表示器

整形外科などで使用される日本メディックス様のSSP療法器(低周波治療器)「ASPIA」は、明るい治療室やリハビリ室に設置されるため、操作用タッチパネルについては、操作する医療従事者が見やすいよう、より明るいものが求められています。

今回ご採用いただいたIDECのプログラマブル表示器「HG3G形」は、700カンデラの高輝度LEDバックライトを搭載し、明るく鮮明な表示を可能にしています。
(タテ方向に2台使用されています。)

また、高速CPUと独自のソフトウェア技術により電源を入れてわずか3秒で画面起動ができ、スムーズな施術に貢献しています。

ご採用いただいたポイント

  • 優れた表示性能と高速起動で、使いやすさと見やすさを追求

  • ・優れた表示性能:高解像度液晶、高輝度LEDバックライト搭載
  • ・ストレスフリー:電源投入時の起動時間わずか3秒

お客さまの声

製品力ときめ細かいサービスが採用の決め手です


治療器の開発にあたっては、施術される医師や理学療法士の方にスムーズにお使いいただけるよう、使いやすさを常に追求しています。IDECは他社と比べても、製品の良さはもちろん、技術的な質問への迅速な対応や画面作成サポートなどサービス面でも柔軟に対応していただいています。これからもより見やすく、使いやすい製品を期待しております。

株式会社 日本メディックス 柏工場 開発部 電気設計課 課長  吉岡徳利様

ご採用いただいた製品のご紹介

HG3G

HG3G形 / プログラマブル表示器

使用環境(昼・夜)に応じてバックライトの輝度を調整できることに加え、高輝度LEDの搭載により、視認性に優れた画面で、明るい場所でも見やすい表示を実現した表示器です。

お客様のご紹介

日本メディックス様は、「刺さないハリ治療」という発想から大阪医科大学と共同で開発された「SSP療法」を実現する治療器をはじめ、理学療法をコアに、リハビリテーション、介護予防、メディカルフィットネスなど幅広い分野で、健康な暮らしをサポートする多彩な製品を提供されておられます。

pagetop