IDECブランド

IDECロゴについて 

IDECロゴマーク


2005年11月、創業60 周年を節目に、10 年後、20 年後、さらにはその先に続く未来へ向けて飛躍すべく、当社とグループ会社の冠を2005 年11 月1日より「IDEC」に統一、併せて、「コーポレートシンボル」も決定いたしました。
このコーポレートシンボルには「グローバルベースでのIDEC グループのブランド確立、企業イメージの強化、事業領域の拡大と飛躍的成長を目指す」が表現されています。


【コーポレートシンボルに込められるメッセージ】

コーポレートシンボルには、「社員同士や取引先・社会など、様々なステージ で の 人 と 人 と の つ な が り 、発 想 の 転 換」、「事業領域の拡大・未来への成長、全てにおいて一 歩 先 を 進 む」のメッセージが込められています。

@ 白 抜 き の 「I 」と直ぐ右隣に隣接しているIDECレッドの「I 」は、人と人とのつながりを象徴しています。また、白抜きと色付きというネガとポジの関係は、影からサポートする姿勢や発想の転換を表現しています。

A 先端・左に大きく広がるアイデックグレー( 網かけ部分)は、様々なコラボレーション、パートナーシップから生まれる新しい可能性や付加価値の創造、事業領域の拡大と未来への成長、そして、全てにおいて常に時代の一歩先へ進むIDECの姿を象徴しています。


【コーポレートカラー】

コーポレートシンボルの「IDEC」部分に採用したアイデックレッドの『赤』は、「情熱」「飛躍」「躍動」「スピーディー」という、動的な活力とエネルギーを感じさせ・表現しています。

Think Automation and beyond...

IDECはオートメーションを考え、さらにその先へ・・・、ものづくりの未来を創造していきます。

コーポレートシンボルに加え、IDECが目指す企業のかたち、変革する意思、事業拡大の指針をグループ一丸となって共有し、社会に宣言するためのショルダーフレーズを制定しています。

IDECグループはお客さまと一緒に、それぞれのニーズにあったオートメーションを考え、そしてそのニーズの先までを捉えた製品、システム、ソリューションを提供し、ものづくりの未来を創造してゆく企業です。
私たちの描くオートメーションの進化とは、単なる自動化技術の進化だけではありません。安全性や、操作性、信頼性、環境配慮など、人に優しい技術や様々な要素を進化させることによって従来の自動化技術にさらなる付加価値を与え、それら全体の進化によってオートメーションの可能性を拡大していく、それこそがこれからのオートメーションの進化であると考えています。

 IDECグループは、制御機器、安全機器に加え、LEDやAuto−ID、またロボット制御セルのような生産技術を有し、オートメーションをとりまく広範囲な技術や要素をトータルに考え 、様々な角度から最適な提案をすることができます。
そして、そのような総合力を持つことで、現在にニーズや既存のアプリケーションの先までを捉えた、新しい可能性を提案することもできるでしょう。

ロゴの歴史 

IDECロゴマーク 1945年 和泉商会 創業
IDECロゴマーク 1947年 和泉電気株式会社 設立
IDECロゴマーク 1975年 IDEC Systems & Controls 設立(USA) ※USAで使用したロゴ
IDECロゴマーク 1982年 CI導入
IDECロゴマーク 1986年 iDEC Systems & Controls CorporationをIDEC Corporationに変更 
※USA使用ロゴ
IDECロゴマーク 1989年 VIS(VIsual Identity System)マニュアル発行
IDECロゴマーク 2001年 VIS(VIsual Identity System)マニュアル再版
IDECロゴマーク 2005年 社名・ロゴマーク変更

pagetop