環境リスクマネジメント

環境リスクが現実のものとならない監視体制を敷いています。

環境破壊リスクを会社の重大な危機管理対象として認識し、環境を含めた諸々の経営リスクの発生を防止する取り組みをしています。
環境マネジメントでは、環境管理責任者が環境法令の制定・改正情報を入手し、環境法規表を更新しています。
この環境法規表に基づいて日常の環境リスクを管理し、内部監査で環境監査責任者が順守状況を監査し、環境マネジメント会議が順守状況の確認をすることで環境法令の順守を担保しています。

pagetop