リスクマネジメント

リスクマネジメント体制

危機発生の回避と、万一危機が発生した際の被害を最小限に抑えるために、「危機管理規程」を制定しています。また、代表取締役社長を委員長とする「リスクマネジメント委員会」を設置し、平常時のリスク防止と、危機の発生時における迅速な対応がとれる体制を整えています。特に災害等の発生に備えた取り組みについては、生命の安全確保・安否確認体制の整備、重要業務の継続、それが中断した場合の早期復旧を目指した体制づくりを推進するものとして、内部統制システム構築の基本方針としても掲げています。

不正防止のために

企業倫理に関する自らの行為・周囲の行為、職場の状況など、各従業員が疑問に思うことについての相談や通報を受け付ける「企業倫理相談・内部通報窓口(IDECホットライン)」を設置し、問題の事前防止と早期発見に努めています。また、「内部通報運用規程」では、相談者や通報者に対して不利益を与えることを禁止する旨を明記しており、これによって相談者や通報者を保護し、リスク発見の機会を拡大しています。

pagetop