中期経営計画

真のグローバル企業への変革により、持続的な成長を目指します。

IDECグループは、長年培ってきた制御技術や新技術への挑戦を通じて、企業の発展に貢献し、グローバルな社会経済の発展に寄与することを長期的なビジョンとして掲げております。

長期ビジョン実現に向けた取り組みの一つとして、2017年にフランスのAPEM社を買収し、主力事業であるHMI分野の強化を図りました。  APEM社がIDECグループに加わったことで、制御用操作スイッチをはじめとするHMI分野の製品ラインアップ拡充と新規市場への参入が可能となり、グローバルシェアNo.1を目指すことができる環境となりました。
また、IDECが強みを持つ安全分野においても、新世代の安全思想である「Safety2.0」など新たな規格づくりの推進や、安全関連機器の普及を通じて、世界一安全・安心を追求し、実現する企業を目指しております。

こういった主力事業の強化だけでなく、制御技術や環境技術、ファインバブル技術などを活かした新規事業の拡大により社会課題の解決に貢献し、「真のグローバル企業への変革」を推進することで、売上高1,000億円、営業利益率15%以上を目指してまいります。

代表取締役専務 舩木 幹雄

主力事業の強化 〜注力業界の選択と集中〜

IoTの普及や自動化の進展、産業現場の安全確保など、さまざまな社会課題や顧客ニーズに柔軟に対応するため、IDECが強みを持ち、成長が期待できる注力業界に対して専任チームを設置しています。

マーケティングリソースの効率化を図るとともに、顧客との関係を強化することで、高付加価値な提案や競争力のあるソリューションをグローバルに提供しています。

新規事業の拡大 〜コア技術を活かした新たな価値の創造〜

製造業で培ってきた技術を活用し、太陽光併用型の次世代農業プラントのトータルサポートをご提供することで、農業の工業化に貢献しています。

また、再生可能エネルギー事業や協調安全ロボットシステム、ファインバブル技術を用いた事業の推進により、新たな価値を創造し、社会に貢献していきます。

経営基盤の強化 〜企業価値の最大化〜

会社の品質は、製品品質だけでなく、環境や社会性、企業統治などの経営品質を加えた総合的な評価で判断されることから、CSR活動の推進により経営品質の向上を図っています。

また、グローバル人財の育成やダイバーシティを推進することで、企業価値の最大化を目指しています。

pagetop