教育制度

人材開発制度

当社は、「創造性を持って自主的にチャレンジする人材」を育成することを基本コンセプトにしています。  教育体系は3つの柱から成り立っており、ビジネスパーソンとしての底力を高めるための「階層別教育」、各種専門性を高めるための「職能別教育」、社員のキャリア開発支援を目的とした「自己啓発支援制度」を設けています。

階層別教育

新入社員研修
●導入研修: 入社〜4月末まで(1ヶ月間)、社会人、当社社員として必要な基礎知識、ビジネススキルの基本を修得します。
●職場研修: 5月〜9月末まで(5ヶ月間)、配属予定の職種に関わる複数の職場で実務を経験します。

入社2年次研修
入社してからの1年半を振り返り、自身の成長した部分と今後の課題などについて考察します。また、仕事のベーシックスキル(考える、話す、書くなど)を強化します。

入社3年次研修
中堅社員としてステップアップするために必要な意識の醸成、ビジネススキル(セルフマネジメント、問題解決力、チームワーク実践etc)を修得します。

グレード3 スキルアップ研修
チームの目標達成や職場の活性化に主体的に関わり、貢献できる人材を育成します。マネジメントの基本、メンバーシップ、チームビルディング、後輩指導、経営分析をテーマに研修します。

新任リーダー研修
新任のリーダーが最初に修得しなければならない仕事と人の管理の原則と手法を身につけます。また、人事考課のルールを知り、適正な目標設定と評価を実践するためのスキルを修得します。

機能別教育

環境・品質マネジメント研修
ISO9001(品質)およびISO14001(環境)の国際規格に基づいた当社のマネジメントシステムを知り、品質の維持・向上と地球環境保護に貢献する基本行動を実践する人材を育成します。

セーフティ・アセッサ研修
製造現場の安全システムを構築する人材を育成、認定するために社団法人日本電気制御機器工業会が創設した資格制度、「セーフティアセッサ」の資格試験を受ける社員が、安全を構築していくために必要な知識、技術などを修得します。

製品技術研修/製品検定試験
当社の全製品と関連技術を6領域20科目に分類し、研修と検定をしています。お客様の要求に応え「技術で信頼を勝ち取れる営業パーソン」を目指し、全ての営業担当者が学習しています。

自己啓発支援

通信教育講座
ビジネスパーソンとしての自己実現を目的に、自身が学習したいビジネス関連の通信教育を受講します。修了者には受講料の一部が援助されます。実務にすぐ役立つコースから資格試験の受験対策コースまで様々なジャンルで260以上のコースがあります。

語学研修
ネイティブの講師を会社へ招いて会議室で英会話の学習をします。(一部学校通学もあり)

専門情報誌
最新の業界動向や業務の効率向上に役立つノウハウなどビジネスパーソンにとって必要な情報を専門誌(日経ビジネスなど)から得ています。会社は購読料の援助をしています。

pagetop