地球環境保護

地球環境保護

文字サイズ

当社の生産活動において環境負荷を低減するのはもちろんのこと、お客さまの元に届けられる製品が、それぞれの現場で環境向上に役立ち、製品寿命が終わるときにも環境への影響をミニマムにする。そのような製品開発、技術開発を目指しています。自社施設内では環境に配慮した工夫を行い、当社を訪れたお客さまが、環境の大切さについて認識を新たにされるような、全館エコロジー仕様を目指しています。また、社員に対しても地球環境をより意識し、何ができるか考えるよう呼びかけています。

開発ポリシー、評価項目

「省」の思想に基づいた製品開発活動

IDECグループでは、1978年の製品開発ポリシーの制定以来、製品開発における基本思想として、「省」に基づく最適制御の実現を掲げています。これに基づき、1982年より、「SAVE ALL」をスローガンに、省エネルギー・省スペース・省メンテナンス・省資源など、あらゆる「省」の思想を広くお客さまに紹介する活動に取り組んできました。その活動は現在も変わらず、独自の設計審査基準に基づいた新しい環境配慮型製品の開発に継続的に取り組んでいます。

環境配慮型製品の評価項目

環境配慮型製品の開発

産業用LED照明ユニット LF1D-C、LF1D-H/J形

耐環境性、省エネ性能に優れたLED照明。ワイドバリエーションで、小形機械・局所照明から大形機械まで最適照明を実現します。

高輝度LED照明 LF2B形

輸出機械装置にも安心して使用できるACフリー入力タイプと、非常用設備やソーラー関連装置など、電圧変動の大きいバッテリー駆動装置で使用する場合に適したDC12V/24V入力タイプを完備しており、さらにより広い用途にもご利用いただけ環境負荷低減に貢献しています。

ソレノイド付安全スイッチ HS1T形

ソレノイド付安全スイッチ HS1T形

ロック強度5,000N以上で業界最小サイズ(2019年3月当社調べ)。製品改良による部品点数削減を実現。大型の扉、大型の機械設備など幅広い用途にもご利用いただけます。

ティーチングペンダント HG1P形

ティーチングペンダント HG1P形

軽量構造と堅牢性を両立したティーチングペンダント。消費電力3W以下、作業者の長時間作業の疲労を軽減するエルゴノミクスデザインなどユーザビリティを追求した製品です。

プログラマブル表示器 HG5G-V形

プログラマブル表示器 HG5G-V形

樹脂筐体を採用した軽量構造、消費電力27Wの省エネ性。長寿命/高性能LEDバックライト、大画面かつ表示器の小型化を実現するスリムベゼル採用など、情報量が増えるIoT時代に最適な大型サイズの表示器です。

クールビズ

クールビズは、オフィスの室温が約28℃でも快適に仕事ができるよう、ノーネクタイ・ノージャケットといった軽装を奨励する環境省の全国キャンペーンです。クールビズは2005年に環境省が開始し、IDECは2005年以降毎年クールビズをオフィスで推進しています。
【具体的な取り組み】
・ノーネクタイ、ノージャケット、半袖着用を奨励
・空調機の温度は26〜28℃に設定
・ノー残業の奨励

    

環境設備

オフィスや事業所など社内施設および設備について、環境に配慮した設計により環境負荷低減に取り組んでいます。

屋上緑化

厚生棟(本社内)

2019年6月に完成した本社の厚生棟3階(北・西・南側)にて壁面緑化を行なっています。建物の表面温度の上昇を抑制し省エネ効果があるほか、植物の光合成によるCO2削減効果が見込まれます。現在、蔦(ツタ)を育成中で、最終的に約150uが蔦で覆われる予定です。

太陽光発電パネル

中庭(本社内)

2018年6月に本社の中庭をリニューアルし、日本固有種の樹木を含めた30種類以上の大小からなる樹木を植えました。緑を増やすことで、周辺の気温を下げる効果が期待されます。

屋上庭園

技術研究センター(本社内)

2013年に完成した技術研究センターは、全館にLED照明を導入し、屋上庭園を設置しているほか、自然換気システムや西陽対策の縦型可動ブラインドなど、さまざまな環境配慮型装置を備え、省エネに配慮した設計となっています。

太陽光発電パネル

尼崎事業所(兵庫県尼崎市)

2013年7月に完成した尼崎事業所に、太陽光発電パネルを1,192枚設置しています。(発電規模296kW)

太陽光発電パネル

アセンブルセンター(兵庫県たつの市)

2019年5月に完成したアセンブルセンターに、太陽光発電パネルを200枚設置しています。(発電規模65kW)

太陽光発電パネル

IDEC CORPORATION(米国)

グループ会社であるIDEC CORPORATION では、2008年よりオフィスの屋上に太陽光発電パネルを設置し、2018年にLED照明をオフィス全体に導入したほか、エアコンは気流や日射の影響を調整しオフィス内の室温を均一化して空調効率を上げる製品に切り替えるなど、省エネ推進によるCO2削減に取り組んでいます。

pagetop