ガバナンスへの取り組み

Governance/ガバナンス

ガバナンスへの取り組み

経営基本方針

IDECグループは、「人間性尊重経営」のもと、「企業活動を通じて社会・経済に貢献する」ことを経営の基本とし、「制御技術を駆使して顧客のニーズに応え、社会に貢献していく」という活動により、当社グループに関わる人々の幸福を実現していくため、ガラス張り経営を貫き、健全な経営体制を構築することを目指します。

     内部統制システム構築
の基本方針はこちら

コーポレートガバナンス

IDECグループでは、ステークホルダーの皆さまに対し経営の透明性と効率性を確保することが、コーポレートガバナンスの基本であると考えています。そのため、1998年より執行役員制度を導入し、業務執行は代表取締役や代表取締役から権限移譲された執行役員が中心に担い、取締役会は経営における意思決定、代表取締役や執行役員による業務執行の監督を中心に行う機関であることを明確にしています。これにより、経営の業務執行機能と監督機能の分離を図るとともに、効率的な経営を目指しています。また、さらなる経営の透明性確保のために、社外取締役や社外監査役といった社外役員の積極的な選任、任用を進め、業務執行に対する監督・監査機能を、より一層強化しています。

     詳しくはこちら

コンプライアンス

コンプライアンスに関する取り組みをご紹介しています。

     詳しくはこちら

リスクマネジメント

当社のリスクマネジメント体制、相談・通報制度等をご紹介しています。

     詳しくはこちら

IDEC行動基準

IDECグループ共通の行動指針とし制定している「IDEC行動基準」の内容をご覧いただけます。

     詳しくはこちら
pagetop