本社にて「脱PETボトル」を開始

IDECグループは環境の保全を最重要課題と捉え、持続可能な発展を目指しています。

社員一人ひとりができる身近な環境問題への取り組みとして、「脱PETボトル」の取り組みを開始しました。


PETボトルは、日本ではリサイクル率80%以上と公表されていますが、プラスチックの 再資源化は化学処理が多く、その上消費ペースが伸びており、回収しきれないごみが流出して、環境に悪影響を与えています。


リサイクル以前に、PETボトルの使用数そのものを減らす(リデュース)活動として、 「脱PETボトルチャレンジ」と題し、まず本社からPETボトルの利用機会をなくすことにしました。


【主な取り組み】

@本社に設置している飲料自販機からPETボトルをなくし、缶・瓶・紙パックの販売に限定したほか、PETボトル容器の回収BOXを撤去

A社員に、社外から持ち込んだPETボトルは各自持ち帰ることと、マイ魔法瓶・マイカップの持参を奨励

B来客・会議等で必要な飲料は、PETボトル容器以外で用意


IDECグループは今後も、環境問題の解決に積極的に取り組んでまいります。


pagetop