本社にて社員向けにCSR Innovation Seminarを開催

1月26日、本社にて「IDECグループの品質取り組み“グローバル品質のIDEC”の確立にむけて」と題し、役員・社員向けにCSR Innovation Seminarを開催しました。


IDECでは2017年4月にCSR室を新設し、社内外のステークホルダーからの信頼を高めるための活動を推進しています。社員向けには、CSRについての社員研修を行っているほか、CSRについて社内外の有識者が講師としてIDECのCSR重点分野の最新情報を伝えるCSR Innovation Seminarを定期的に開催し社内啓発を行っています。


今回のCSR Innovation Seminarでは、品質保証センター部長(執行役員)の松本が講師を務め「企業の社会的責任」の話から始まり「ものづくりをとりまく品質環境の変化」「グローバルに共通な品質保証ルールの必要性」そして「製品の品質は社員全員が取り組むものであること、そして自らから行動していくこと」を伝え、社員一人ひとりの意識啓発を図りました。


また、品質管理教育も全社員に向けて行っており、研修をとおして、社員が日々の業務を見つめ直すことで、さらなる品質向上を目指してまいります。


pagetop