Special Vehicles

特殊車両

暗い車内での操作ミスを発光するスイッチでスマートに防ぐ

暗がりの中で起こり得る押し間違いが事故のリスクを生む

最近では労働力不足から、作業現場において建設機械の操縦に不慣れなオペレータが操縦する機会が増えてきています。未熟な運転者の誤操作による事故のリスクが高まっているとも考えられます。その一例が、単純なスイッチの押し間違いです。

特に日が暮れてから建設機械を操作する場合は、押し間違いのリスクが高まります。なぜなら建設機械の操作パネルには、基本的に同じ形のロッカースイッチがいくつも並んでいる上、操縦席の中はあまり明るくなく、日が暮れると途端に手元が見えにくくなるからです。運転者が昼間のまぶしい明かりの中で作業をし、疲れていれば、なおさらヒューマンエラーの発生率が高くなるかもしれません。建設機械メーカー様ではこのようなリスクを想定した安全対策をされているでしょうか。

照光するスイッチの採用で手軽に作業員の安全性を向上

pagetop