コントロールユニットの消毒方法

弊社コントロールユニットの操作面の消毒方法についてご案内いたします。
なお、推奨する消毒方法は、2020年7月現在の厚生労働省及び経済産業省からの案内に基づいております。


1.推奨する消毒液
1)市販の消毒用エタノール(濃度70%)
2)次亜塩素酸ナトリウム水溶液(濃度0.05%)
※原液での直接塗布は行わないでください。

2.拭き取り方法
1)柔らかい布に軽く消毒液を染み込ませて、汚れやウィルスを広げないように一方向にしっかり拭き取る。
2)5分程度経ったら、柔らかい布で水拭きして消毒液を拭き取る。
3)最後に、乾拭きする。
※スプレーボトルでの直噴霧は行わないでください。
※強く擦るような拭き取りを行うと、コントロールユニットの操作面が傷つく場合がありますので、ご注意ください。
※本拭き取り方法は、ウィルス等を完全除去できることを保証するものではありません。

3.消毒液による影響の確認結果
1)一部の機種では、消毒液による拭き取りを長期間行うことで、表面の変色、腐食などが発生する場合があります。
 機種ごとの詳細については下記よりご参照ください。
詳細について
2)保護構造がIP40の製品には、消毒液による拭き取りは行わないでください。消毒液が内部に浸入し、動作不良などの故障の原因となる恐れがあります。




pagetop