協調安全ロボットシステム:ものづくり現場の課題を解決

IDECにおける協調安全への取組み

人と機械・ロボットが協働する環境の変化

日本でのロボット革命、ドイツにおけるインダストリー4.0などの推進による「第4 次産業革命」で、ロボットの活用が製造分野のみならずサービス分野にまで拡大し、マスカスタマイゼ―ション(多品種変量生産) の社会実装が始まっています。

この状況において、製造業では従来のロボットを柵で隔離する安全のみならず、人-ロボット協調による生産性と安全性の同時実現が望まれ、「協調安全」を新コンセプトとし、応用開発される時代に突入しています。

人と機械・ロボットが協働する環境の変化

IDECにおける協調安全への取組み

IDECは、現場での協調安全を実現するための豊富な知識とノウハウを蓄積しています。
さらに、多彩なセーフティーコンポーネントサプライヤーとして、お客様の協調安全をサポートします。

IDECにおける協調安全への取り組み

Safety Components

IDECの安全技術と豊富なセーフティコンポーネントは、様々な産業現場の安全に貢献し、世界で日々活躍しています。

豊富なセーフティコンポーネント

Safety Integration

ものづくり日本大賞

生産性と安全性を両立する「協調安全ロボット」システムインテグレータとして、最適なシステムをご提案します。

ものづくり現場の安全性と生産性を同時に実現する、豊富な知識、経験、実績に基づく「ロボット制御セル生産システム」にて、第1回「ものづくり日本大賞・優秀賞」を受賞しました。
セル生産こそが生産システムの要として、様々な改善に取組み、16年間に亘って実生産による効果を実証しました。

Safety Evangelist

Safety2.0

安全エンジニアリングのプロフェッショナルである、当社セーフティエバンジェリストが豊富な知識とノウハウを元に、お客様の現場の安全構築をサポートし、
人-ロボット協調安全を世界でリードしていきます。

The 7th Robot AWARD

IDEC は、第7回ロボット大賞を受賞しました。
IDECは、人間工学に基づく安全技術開発と製品により世界をリードしてきており、今後も先進性と独自性により協調安全分野の技術開発で貢献してまいります。




人間工学的安全技術・応用技術開発

安全思想・技術の社会実装化にも力を注ぎ、日・独・米・仏での論文・学会発表や、人間工学に基づく3ポジションイネーブルスイッチの安全性・有効性を国内外に訴え、日本から提案した国際規格策定にも成功しました。

協調安全ロボットテクニカルセンター

協働ロボットの普及が急速に進む中、ロボット導入を検討されているお客さまに活用方法や安全なシステム構築方策を提案し、ニーズに合った協調安全ロボットシステムを提供できる体制を構築しています。



協調安全ロボットテクニカルセンター<所在地:愛知県一宮市>

pagetop