トップページ > テクノロジー > 環境・エネルギー > 植物工場 栽培システム

太陽光併用型 植物工場 栽培システム

IDECグループは「IDEC福崎植物工場ラボ」(兵庫県福崎町)でファインバブル技術を用いた農法の開発、およびその研究開発のための実証サービスを行っています。

水や光、空気を操る独自の技術で、安定生産を支えています。

食べる人にも、つくる人にも、おいしい話。

大きく、甘く、育ったイチゴ。みずみずしく、シャキッとハリのあるレタス。おいしい野菜は、人を幸せにします。
それだけでなく、商品としての付加価値を高め、生産者にも大きな恵みをもたらします。
IDECの「太陽光併用型 植物工場 栽培システム」は、安心・安全な作物を安定供給するために生まれた、新しい農業のかたちです。

太陽光併用型 植物工場 栽培システム

IDECの独自技術である制御技術やLED技術、GaLF技術を駆使して、水質や土壌環境、光合成をコントロール。
おいしさも、生産性も、向上させるシステムです。

太陽光併用型 植物工場 栽培システム
  • 制御技術
  • GALF技術
  • LED技術

  • 食べる人においしい

ファインバブル製品登録制度

IDEC福崎植物工場ラボは、ファインバブル産業会(FBIA)が管理するファインバブル製品登録制度基準に準拠して、ファインバブル技術を用いた農法の開発、およびその研究開発のための試験サービスを行っています。


FBIAロゴ

ファインバブル技術は社会的に新しい技術であることから、商品・サービスについて、ファインバブルの利用や効果についてのデータが明らかなものを一般社団法人ファインバブル産業会(FBIA)が登録・公表を行う制度を運営しています。
この制度を「ファインバブル製品登録制度」と呼び、今後グローバルに展開する計画です。

特に「ウルトラファインバブル」はその有無を目視で確認できないため、
その利用や効果を示す技術的根拠を明らかにしないと商品・サービスについても信頼を得ることができません。
FBIAでは、商品・サービスなどに「ファインバブル製品登録マーク」を表示することで、信頼できる商品・サービスの流通促進と日本発の革新技術として世界への普及を進めています。


本制度に登録された製品・サービスについてはファインバブル産業会のウェブサイトでご覧いただけます。

・「FINE BUBBLE / ファインバブル」、「ウルトラファインバブル」、「FBIA」ロゴは、(一社)ファインバブル産業会〔FBIA〕の商標または登録商標です。

pagetop