トップページ > テクノロジー > ウルトラファインバブル生成技術 > ウルトラファインバブル技術の国際標準化

ウルトラファインバブル技術の国際標準化

背景、意義

計測技術や発生技術の進歩とともに科学的な視点に基づいた研究開発と産業応用が国際的に広がる中で、これまではファインバブルやマイクロバブル(MB)、ウルトラファインバブル(UFB)の定義や用語が明確ではなく、気泡サイズ、気泡密度、また液体やガスの種類, 液中の滞在時間といった特性を国際標準化しないかぎり、利用者が共通の言語を持って開発を進めることができなかった。また、 様々な計測方法が開発されてきているが、市場の混乱を避けるために、 様々な特性の計測における条件や準備等も国際規格で明確にする必要があり、多岐にわたる応用において固有の条件や効能を明示しなければユーザ利用が進まない。

例えば洗浄といっても、 道路洗浄、トイレ洗浄、食品配管洗浄、半導体基板洗浄等、そのアプリケーションによって適切な条件や付加すべき計測パラメータ等を明示することが極めて重要であり、応用開発段階における適切なUFB個数密度の計測が必要である。


こうした観点から2012年IDECが発起人企業として設立した(一社)ファインバブル産業会(FBIA)が経済産業省支援の元、2013年に日本提案でISO/TC 281を設立し、これまで(一財)日本規格協会、(国研)産業技術総合研究所、(独)製品評価技術基盤機構の協力を得ながら、ファインバブル技術の国際標準化を推進してきた(幹事国:日本)。
グローバル社会で広く受け入れられるために 三階層の規格体系で進められており、定義・用語規格や一般原則を上位に、様々な特性の計測方法の規格群を中位に位置づけ、効果効能そして産業応用に関連する個別応用分野規格群を下位に位置づけて新たなISO規格体系を構築することで世界中でのファインバブル技術の利用と健全な市場創成を目指している。

2013年12月京都で第1回会議を開催, 年々海外からの関心の高まりと共に参加国も増え, 現在では Pメンバー8か国(日本、UK、USA、ロシア、シンガポール、中国、韓国、オーストラリア)とOメンバー11か国で運営されており順調に規格化が進められている。
現在多くのの規格が審議中であるが、この中で日本提案の「基本規格(用語)」がTC281の国際規格第1号として発行されることになった。本規格案は2016年10 月にISO 全参加国(162 ヶ国)の投票に回され2017年1月17日に投票終了、最終的にPメンバー8ヶ国の全会一致の賛成で投票が終了し、2017年6月に規格発行となった。

今後バブルそのものの計測や各応用分野における試験や評価方法など次々と規格開発が進んでいくが、世界共通のファインバブル用語の統一となる第1号規格発行は世界に先駆けた計測データの取得によるUFBの確たる存在の実証、高濃度UFB発生技術の開発、そして国際標準化活動が実を結んだものである。




ファインバブル産業会(FBIA: Fine Bubble Industries Association)について

ファインバブルの標準化と実用化を推進する団体。健全な市場成長が目標。

名  称: 一般社団法人 ファインバブル産業会
設  立: 平成24年7月23日
会  長: 一村 信吾 名古屋大学 イノベーション戦略室 室長(平成28年4月1日現在)
所在地: 〒105-0013 東京都港区浜松町2-2-15 浜松町ゼネラルビル4階
TEL: 03-6432-4242
FAX: 03-6432-4243
URL: http://www.fbia.or.jp/


設立趣旨

ファインバブルは日本発の革新的技術ですが、産業発展の前提となる規格の創成、認証技術の確立などを早急に 実施しなければ、関連産業の発展や関連技術開発の進展に支障が生じる懸念があります。このため、ファインバブル技術の国際標準化、認証及び利用技術開発、更には共通基盤情報の収集などを総合的に行うプラットフォームとして、業界/学会/政府共同でファインバブル産業の健全市場形成を行い、産業全体の加速的発展を目指した活動を行います。


事業内容

  1. 国際標準化/認証事業
    (1)ファインバブル計測方法の国際標準化活動
      @産総研の標準化検討委員会と共同での標準化活動を実施します。
      A経済産業省「国際標準共同開発事業」(平成24年8月29日付採択決定)を通じて国際標準化を実施します。
      B上記国際標準化に必要な各種共同研究開発を実施します。
    (2)ファインバブル発生機器・計測装置・応用装置・生成物に対する認証技術研究と製品認証を実施します。


  2. 共通基盤技術開発事業慶応大(寺坂研究室)と会員企業の共同研究開発(計測方法、アプリケーションの実証等)を実施予定。また、産総研や他の大学等との共同開発も検討中です。


  3. 基礎情報収集/提供事業ファインバブルの市場規模/関係企業に関する情報収集を大手シンクタンクで調査実予定で、会員には結果情報の提供を行う予定です。また、その他の基礎データ整備も実施予定です。 また、ホームページの立ち上げ、ウィキペディアへの掲載によるグローバルな認知度向上を目指します。



ウルトラファインバブルの製品・技術に関するお問合せ

ファインバブル事業部
TEL: (大阪)
06-7668-1020

pagetop