トップページ > テクノロジー > ウルトラファインバブル生成技術 > IDECウルトラファインバブル発生装置の紹介

IDEC ウルトラファインバブル発生装置の紹介

ultrafineGaLF方式の紹介

加圧溶解式ウルトラファインバブル発生原理・特徴

  • ■ GaLF理論モデル

GALF理論モデル
  • ■ GaLFの特長

ultrafineGaLFの特長



ultrafineGaLFバブルの測定結果

ウルトラファインバブル生成濃度(原水により濃度は変化します)
※計測器Malvern社製「NanoSight NS500」での測定結果です。
(測定条件) 原水:蒸留水  気体:空気  循環数:10循環

ultrafineGaLF方式の特長

  • ■ GaLFと他方式の性能比較

  • ■ GaLFシステムと他方式の気泡径分布

GaLF製品の紹介

  • ultrafineGaLF
    FZ1N-05S   スタンダードモデル

  • FZ1N-05S
  •  特長  実験室で手軽にウルトラファインバブルを生成
     200nm以下のウルトラファインバブルを高濃度生成
     用途  研究用途
     電源  AC100V 50/60Hz
     流量  0.48m3/h(8L/min)at 50Hz
     0.54m3/h(9L/min)at 60Hz

    FBIA
  • ultrafineGaLF
    カスタム受注品   事例(FZ1N-10)

    FZ1N-10
     特長  200nm以下のウルトラファインバブルを高濃度生成
     用途  研究用途
     電源  AC100V 50/60Hz
     流量  1.0m3/h(16.6L/min)at 50/60Hz
  • agriGaLF
    カスタム受注品   事例(FZ1G-15)

    FZ1G-15
     特長  溶存酸素向上とウルトラファインバブル供給
     用途  植物育成
     電源  AC100V 50/60Hz
     流量  1.5m3/h(25.0L/min)at 50/60Hz


周辺装置の紹介

  • ウルトラファインバブル計測装置
    マルバーン社ナノサイト

  • NS300

    FZ1N-05S
  • NS500

    FZ1N-05S
 特長  MS300:コンパクトモデル 
 MS500:上位モデル(試料自動注入機能付き)
 粒径測定範囲  30〜1000nm
 対応粒子数  107個/mL以上
 パック内容  ビューイングモジュール、プラットフォーム、カメラ、PC、ディスプレイ、ソフト

※詳細はお問い合わせください。



  • ウルトラファインバブル濃度センサー
    バブル発生装置組込み型

  • ウルトラファインバブル濃度センサー
  •  特長  バブル発生装置に組み込んで、インライン計測
     測定方式  レーザー散乱光方式
     測定気泡径  100μm以下
     試料供給  専用セルにてバッチ式、またはインライン式

GAIA ミキサーの紹介

  • GAIA ミキサー
    気液混合ノズル

  • GAIA ミキサー
  •  特長  簡易なシステムで効率よく気液混合
     用途  養殖池や貯水池に高溶存酸素水を供給
     流量  15、100-200、250-400 L/min
     システム  エア供給源、ポンプが別途必要

    ※詳細はお問い合わせください。

ウルトラファインバブルの製品・技術に関するお問合せ

ファインバブル事業部
TEL: (大阪)
06-7668-1020

  • カタログをダウンロード
pagetop