トップページ > テクノロジー > 社外発表論文

社外発表論文

IDECが社外発表した論文をご紹介します。

※発表論文の著作権は各学協会または発表者に帰属します。
 論文の内容・写真等を無断で転載することを禁じます。転載ご希望の方は「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

最新の社外発表論文

ISO/IECガイド51改訂の背景とその概要 −国際会議での論を通して−
電子情報通信学会安全性研究会 Aug 23, 2016


A High Efficiency Laser Spotlight Illuminator
OPTICS & PHOTONICS International Congress, May 17-20, 2016


高濃度ウルトラファインバブル生成装置の開発とレーザ回折・散乱法を用いた個数濃度の測定
日本混相流学会混相流シンポジウム2016
*日本混相流学会の許可を得て、提出原稿の全文を掲載しています。[/464KB]


液中分散安定性評価装置を用いたultrafineGaLF により生成したウルトラファインバブルの測定
日本混相流学会混相流シンポジウム2016
*日本混相流学会の許可を得て、提出原稿の全文を掲載しています。[/340KB]


ウルトラファインバブルの応用展開に向けての制御技術やシステム化技術の重要性
日本混相流学会混相流シンポジウム2016
*日本混相流学会の許可を得て、提出原稿の全文を掲載しています。[/456KB]


ウルトラファインバブの表面へ微粒子付着に関する急速凍結レプリカ法による検討
日本混相流学会混相流シンポジウム2016
*日本混相流学会、及び代表著者の許可を得て、提出原稿の全文を掲載しています。[/774KB]


タンパク質結晶化におけるファインバブル水の利用
日本混相流学会混相流シンポジウム2016


ハウス栽培における栽培環境データ及び作業日報のクラウド化
ヒューマンインタフェースシンポジウム 2015
*ヒューマンインタフェース学会著作権規程(第3条2項)により、全文を掲載しています。[/1MB]


レーザ回折・散乱法を用いたウルトラファインバブルの個数濃度測定と粒子トラッキング解析法による測定結果との比較
日本混相流学会混相流シンポジウム2015
*日本混相流学会の許可を得て、提出原稿の全文を掲載しています。[/1MB]


ultrafineGALFにより生成したウルトラファインバブル水を用いた野菜の洗浄効果の向上
日本混相流学会混相流シンポジウム2015
*日本混相流学会の許可を得て、提出原稿の全文を掲載しています。[/1MB]


急速凍結レプリカ電子顕微鏡法で観察したウルトラファインバブルの形状
日本混相流学会混相流シンポジウム2015
*日本混相流学会の許可を得て、提出原稿の全文を掲載しています。[/1MB]


過去の社外発表論文

pagetop