健康への取り組み

健康への取り組み

文字サイズ

IDECグループでは、社員とその家族が「心身ともに健康である」ことがすべての基盤であるという認識のもと「IDECグループの健康宣言」を制定し、健康への取り組みを推進しています。

IDECグループの健康宣言

IDECグループはライフワークバランスを図りながら、社員一人ひとりの生きがい、働きがいを生み出し、安全で快適な職場を実現することを経営の重要事項に掲げています。
そのためには、社員とそのご家族が「心身ともに健康である」ことがすべての基盤であるという認識のもと、健康維持増進活動を推進し、「健康第一」の風土を醸成することを宣言します。

2017年1月
健康管理責任者/執行役員 人財戦略担当
村井 俊文

健康経営優良法人〜ホワイト500〜

経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人(大規模法人)〜ホワイト500〜」に、2019年初めて認定されました。ホワイト500は、社員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む企業を顕彰する制度です。
IDECグループは創業以来、人間性尊重経営を掲げ、ライフワークバランスの推進に取り組んできました。社員が心身ともに健康で過ごせるよう、健康経営を推進しさまざまな取り組みを実施していることが認められ、認定につながりました。

  

IDECヘルスケアセンター

近年、社員の高齢化が進み、疾病予防の重要性が増しています。健康への投資は、生産性の向上、社員のモチベーション向上、ひいては企業価値向上につながる重要な経営課題といえます。それに加え、社員が退職後も健康で活き活きとした人生を送ることができるよう支援することが「人間性尊重経営」の企業理念に基づく社会的責任と考え、2018年4月にIDECヘルスケアセンター(以下IHC)を開設しました。

IHCでは、産業医が週1回勤務し、保健師1名が常駐しており、社員からのメンタルを含む健康相談など、誰もが利用しやすいIHCを目指して活動しています。

また、社員の健康課題や取り組みの計画、実績については、執行役員会議で毎月報告を行い、PDCAサイクルを着実に回すための組織体制を構築しています。

定期健康診断、人間ドック制度

定期健康診断においては、がんの早期発見のため腫瘍マーカー検査を追加するなど検査項目を拡充しています。また、人間ドックの受診を奨励しており、自己負担なく受診ができる補助金制度を導入しています。

健康診断結果の有所見者に対しては、産業医、保健師が保健指導を行い、生活習慣病の予防や重症化予防に努めています。生活習慣病の重症化リスクが高い社員を対象に産業医、保健師が健康セミナーによる集団指導も行っています。

    

また、特定保健指導については、健康保険組合と連携し、100%実施を目指しています。

がん、脳卒中など持病を抱えながら就労する社員に対し、医療機関からの情報に基づいて就業上の配慮をするなど、治療と就業の両立支援に取り組んでいます。

メンタルヘルス対策

50人未満の事業所を含む全事業所でストレスチェックを実施しています。結果に基づく面談や組織分析のフィードバックにより、人財戦略部と各部門長が連携し、社員が働きやすい職場づくりに努めています。

また、管理職に向けたメンタルヘルス研修を実施し、部下の健康管理に対する意識を高め、メンタル不調の未然防止に努めています。

なお、休職者に対しては、保健師によるフォローや産業医と医療機関との連携により、休職中の不安を軽減し、スムーズに職場復帰できるよう支援しています。

受動喫煙対策

卒煙への取組みを支援するため、社内意識調査を実施したうえで、禁煙セミナーの開催や禁煙補助品のサンプル配布、禁煙治療費の補助等を行い、就業時間中の禁煙、特に本社では敷地内全面禁煙を実現しています。今後もさらなる喫煙率の低下に向けた取り組みを、安全衛生委員会を中心に推進していきます。

ライフワークバランス

仕事への充実は、生活の充実があってこそとの考えに基づき、IDECグループではあえて「ライフワークバランス」と呼んでいます。

日々、終業時刻後に早期退社を促す館内放送や全社員のパソコンを強制的にシャットダウンするプログラムを実行し、残業ゼロを目指した職場づくりを推進しています。

また、年次有給休暇の積極的な取得を奨励し、有給休暇取得率は69.0%(2018年度)となっています。

その他、誕生日や結婚記念日を対象とした『メモリアル休暇』 や出産、育児、介護、ボランティアなどで利用できる『ライフサポート休暇』を設けるなど、社員の「ライフワークバランス」を重視した休暇制度を構築、運用しています。

健康セミナーの開催

メンタルヘルス、食育、循環器病対策など様々な健康セミナーを開催しています。講師は社内の産業医、保健師、担当執行役員に加え、製薬業界や食品業界等から講師を招き、身近な話題からヘルスリテラシーの向上につながるよう工夫しています。

≪2018年度に実施した健康セミナー≫

セミナー開催月 内容 対象者 参加人数
9月 企業に必要なメンタルヘルス対策についてPartT 管理職 76名
9月 大塚製薬「食育セミナー」 一般社員 24名
10月 循環器病対策セミナー 有所見者 14名
11月 タニタ「食育セミナー」 一般社員 27名

また、2019年度に本社構内にフィットネス設備を導入し、それに合わせて運動推進セミナーの実施を計画しています。

seminar
2018年9月27日開催 「食育セミナー」より

健康指標(40歳以上集計)

指標項目 2015年 2016年度 2017年度 全国平均
特定保健指導利用率 40.8% 49.6% 54.1% 19.2%(2016年 健康保険組合)
喫煙率(男性) 25.5% 26.5% 26.4% 36.8%(2015年 全業態)
喫煙率(女性) 11.2% 14.2% 12.7% 17.1%(2015年 全業態)
pagetop