人権・社員への責任

人権・社員への責任

人財基本方針

IDECグループは、「人を大切にする」と「人を育てる」を基本とする「人間性尊重経営」を実践しています。人財基本方針を定め、人権尊重はもちろん、能力開発・人財育成、評価・処遇、次世代育成支援などに関する基本的な考え方を示しています。また、「行動基準」の中で人権尊重に対する考え方を定め、当社グループの人権ポリシーをご案内しています。

詳しくはこちら

健康への取り組み

IDECグループでは、社員とその家族が「心身ともに健康である」ことがすべての基盤であるという認識のもと「IDECグループの健康宣言」を制定し、健康への取り組みを推進しています。

詳しくはこちら

人財育成

IDECグループでは、求める人財像として、「チャレンジ精神」「チームワーク」「自己研鑽」の3つを掲げ、オーナーシップの感性を備え自らの意思で現在と未来を切り拓ける人財の育成・登用を行っています。

詳しくはこちら

ライフワークバランス

社員の生活を大切にしているIDECグループは、ワークライフバランスではなく、あえて、『ライフワークバランス』と呼び、ライフの充実につながる働きやすい職場環境づくりを目指しています。育児や介護、ハンディーキャップを持ちながら働いている社員の方々を、皆で支え合う制度を充実させ、すべての社員が安心して働ける基盤を整えていきます。

詳しくはこちら

ダイバーシティ

IDECグループは、「人間性尊重経営」のもと、さまざまな個性や価値観を持つ社員一人ひとりが能力を十分に発揮できるよう、国籍・ジェンダー・文化・ライフスタイルなどの多様性を尊重した働きやすい職場環境の整備に努めています。

詳しくはこちら
pagetop