Your browser does not support JavaScript!
Skip to content Skip to navigation menu

サーキュラーエコノミー

■目次■ (クリックすると各項目に移動します。)

基本的な考え方
リサイクルへの取り組み
廃棄物削減の取り組み
グリーン購入

基本的な考え方

IDECグループでは、中期経営計画の中で策定した環境目標の1つである「産業廃棄物24%削減(2019年度ベース)」を達成するために、国内外の各グループ会社で廃棄物リサイクルの取り組みを進めています。

リサイクルへの取り組み

環境素材の製品梱包資材への使用拡大

製品梱包資材の見直しとして、2021年12月にバイオマスプラスティック25%以上使用のフィルムを使ったエアキャップを日本の2拠点で採用しました。

脱PETボトルの取り組み

自動販売機からPETボトル飲料とPETボトル回収容器の撤去と、社外から持ち込んだPETボトルの持ち帰りルール、マイカップ・マイ水筒の持参を推奨する脱PETボトルの取り組みを、2019年度に本社で開始しました。現在では本社だけではなく、主要事業所にも脱ペットボトルの取り組みが広がっております。

脱ペットボトル以前には本社で年間約6万本のペットボトルが消費されていましたが、現在は缶・瓶・紙パック容器の飲料に販売が限定されており、ペットボトルの消費量をゼロにすることができました。

また、IDECグループは環境省が推進する「プラスチック・スマート」キャンペーンに参加し、啓発ポスターを社内に掲示することで社員に対する海洋プラスチックごみ問題の啓もうを継続しています。

余剰オフィス家具をグループ内で循環再利用

本社内で使用されなくなったデスクや椅子、ミーティングテーブルなどの余剰備品の情報を日本国内のグループ会社で共有し、備品を必要とするグループ会社で活用してもらう仕組みを導入しました。これにより、大型オフィス家具を廃棄することなく、グループ会社間での有効活用が可能となりました。大型備品の廃棄量は従来の約1/3となっただけではなく、新規購入費用も抑えることができました。

廃棄物削減の取り組み

事業所間輸送の段ボール・梱包資材の削減(日本)

従来、国内事業所間の物資輸送には梱包ラップと段ボールを使用していましたが、リユース可能なエコバンドと統一サイズの折り畳みコンテナを新しく採用しました。これにより、使用包材や段ボールだけでなく、作業工数の削減も実現しました。2021年度は年間約1.1tの梱包ラップと17tの段ボールの削減を実現しました。

梱包ラップ(左)からエコバンドと折り畳みコンテナ(右)の使用に切り替えることで、梱包ラップや段ボールだけではなく作業工数も削減できました。

生産現場でのビニール袋使用量削減(中国・蘇州)

蘇州工場(中国)では、使用していたビニール袋の代わりに、再利用可能なソフトトレイやバケツを活用することで、ビニール袋の使用量削減を推進しています。最終的には、ビニール袋の使用量をゼロにすることで、年間約2.7tの削減を目標としており、今後同様の取り組みを国内外の拠点にも展開する予定です。

<改善前>

<改善後>

本社食堂生ゴミ処理機の導入(日本)

2022年2月より、本社食堂に生ごみを水と炭酸ガスに完全分解する生ごみ処理機と、排水に含まれる油分や残飯、野菜くずなどを分離・収集するグリーストラップを恒常的に浄化できる装置を導入しました。これにより、食品廃棄物の削減や生活排水の環境負荷の低減が期待できます。

本社食堂だけで調理時に出る非可食部および残飯で年間約8トンの生ごみが排出されていましたが、機器の導入で生ゴミの排出量をほぼゼロにすることが可能となりました。合わせて、本社食堂の箸を使い捨てから再利用可能な箸に入れ替えることで、使い捨て箸使用量の削減にもつながりました。


▲生ごみ処理機


▲グリーストラップ浄化装置


▲本社食堂で使用される再利用可能な箸

グリーン購入

基本的な考え方

IDECは2018年に「グリーン購入手順書」を制定しました。本手順書は、環境に十分に配慮された事務用品や備品、器具の購入を推進することを目的とし、環境省制定の「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)」に基づいて、コピー用紙や文具類、オフィス家具など、品目ごとの購入判断基準を定めております。
 グリーン購入法適合商品や古紙パルプ配合率や再生プラスティック配合率が一定割合以上の製品を優先して購入することで、持続可能な発展による循環型社会の形成を目指します。

FSC®森林認証紙の使用(日本)

FSC®認証制度(森林認証制度)は、森林環境を守るために生態系に配慮した適切な管理がされている森林か、適切に管理された森林から生産された木材を原材料として使用しているか、などを世界的な厳しい基準で審査する国際的な制度で、FSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)が運営しています。
IDECの招集通知の印刷には、FSC®森林認証紙を使用しています。

植物油インキの使用(グローバル)

植物油インキ(Vegetable Oil Ink)は、再生産可能な大豆油、亜麻仁油、桐油、ヤシ油、パーム油等植物由来の油、及びそれらを主体とした廃食用油等をリサイクルした再生油など、植物油全般を原料とするインキのことをいいます。招集通知の印字には、Vegetable Oil Inkを使用しています。

レインフォレスト・アライアンス認証コーヒーの提供(本社)

レインフォレスト・アライアンスは生物多様性の保全、労働者やその家族、地域住民の権利と福利の推進に取り組む国際的な非営利団体です。本社の食堂はフリードリンクとなっており、持続可能性の基準を満たした農園に与えられるレインフォレスト・アライアンス認証を受けたコーヒー豆を使用して、コーヒーを社員に提供しています。