Your browser does not support JavaScript!
Skip to content Skip to navigation menu

防爆ソリューション | ソリューション | 日本

点検作業に伴うリスクの低減:遠隔監視

危険場所での作業を低減するには、遠隔監視による点検が有効な方法です。ネット接続したネットワークカメラによる現場監視を採用すれば、作業者は、遠隔地から効率的かつ安全に設備の点検を行うことができます。IDECの防爆カメラは、有線や無線を利用できるので設置場所の対応範囲が広く、制御室(管理室)やモバイル機器を使って現場管理が可能です。問題が発生した場合にも早急な対応や、トレーサビリティの確保する管理システムの構築に寄与します。

爆発原因としての点火源の除去:機械安全

爆発のリスクを完全に排除することは困難です。特に、閉鎖空間で水素、プロパン、メタンなど高可燃性の気体を扱う環境では爆発のリスクはさらに高くなります。このような危険な作業環境での爆発リスクを完全に取り除くには、本質安全防爆構造の機器を使用する必要があります。爆発が起こるには3つの要素が関係します。可燃性ガス、助燃性ガス(酸素)、そして点火源です。少なくともこれらの一つを取り除けば、爆発は起こりません。最も簡単な方法は、点火源を取り除くことです。IDECでは、点火を起こさない極低電流・低電圧のリレーバリア制御機器だけでなく安全機器と接続可能なセーフティリレーバリアを提供し、防爆環境での安全ソリューションを提供しています。

長寿命、防爆LEDの設置:保守の低減

印刷工場などの危険場所では、電気回路で発生した火花が爆発事故を誘発することがあるため、使用する機器は防爆構造にすることが必要です。防爆式蛍光灯がよく用いられていますが、寿命は短く、1日24時間365日使用すれば、わずか1~2年の耐用期間しかありません。また、交換時には操業を完全に停止しなければなりません。

各工程での品質管理:トレーサビリティ

爆発性の危険がある原料を保管する倉庫や生産工場ではタッチパネルやバーコードリーダーを使用してトレーサビリティ管理が行われています。IDECのタッチパネルおよびバーコードリーダーは、耐圧防爆構造で爆発性ガスが存在するゾーン1、2の作業環境でも使用できます。加えて、優れた耐腐食性を有しています。

制御パネルの設計:安全・防爆技術と知識によるサポート

爆発リスクの高い、揮発性気体が存在する作業環境では、防爆コントロールボックスが爆発防止に大きな効果を発揮します。IDECのコントロールボックスは豊富な品揃えで、防爆構造と非防爆構造を自由に選択可能です。IDECが提供する機種選定システムを使用することでコントロールボックスの仕様の追加、参考図面の作成、データの保管と共有など自由度の高い設計管理が容易に可能です。 IDECでは、お客様向けの防爆セミナーも開催しています。防爆構造、点検、保守および予防などについて学ぶことができます。防爆の構造基準(国内外の動向を含む)、各業界別の情報など、役に立つセミナーを提供しています。