Your browser does not support JavaScript!
Skip to content Skip to navigation menu

IIoTプラクティスの最適化 | ソリューション | 日本

ワンクリックで機械点検:遠隔監視

機器から送られてくるさまざまなデータを活用して生産性の向上を図ることができます。IDECの製品を使えば、オンデマンドで機器の動作データを取得し、ダウンタイムの最小化、コスト削減、生産性向上、保守の問題解決を図ることができます。問題発生時には、Eメールによる警報で、エンジニアや保守作業員は、現場到着前に状況を把握することができます。遠隔監視を使えば、プラントマネージャや機器管理者は、どこからでも機器の状態を知ることができ、迅速な対応が可能です。

スキャンによる問題製品の検出:トレーサブルシステム

食品や医薬品などの製品をトレースすることによって、迅速に問題解決を図ることができます。センサ、ビーコン、スキャナなどからの情報をIIoT機能を搭載したスマートPLCで読み取り、サプライヤー名、製造番号、ロットおよびバッチ番号をトレース管理することによって品質改善、廃棄物低減、顧客満足の強化を実現することができます。

IIoT活用による遠隔操作:生産工程の安全

IIoTの技術を使うことによりオペレーターは危険エリアに近づくことなく装置のモニタリングや制御が可能になります。

センサによる見える化:スマート点検

生産ライン機器が製品の状態を監視するように設計されていれば、キャップの締まり具合、ラベルの貼付状態、組立確認、製造基準への適合などの詳細が工程内で把握でき、品質管理もスムーズに行えます。IDECのプログラマブルコントローラ、ビーコン、センサ、タッチパネル、がトラブルを素早く検知・報告し現場の品質管理担当者を支援します。スマート点検は、コスト削減、品質改善、企業評価の向上に役立ちます。