Your browser does not support JavaScript!
Skip to content Skip to navigation menu

ダウンタイムの最小化 | ソリューション | 日本

高性能製品の装備:長寿命で耐久性に優れたデバイス

信頼性の低い製品は、ダウンタイムを長引かせる可能性があります。耐用年数に優れたデバイスやコンポーネントを使えば、メンテナンスなしで稼働する時間が長くなります。IDECは、MTTF(平均故障時間)が100年以上の防水・防塵スイッチの幅広いラインアップを展開しています。また、APEM社製スイッチではより過酷な環境での使用が可能なピエゾスイッチなどを準備し、顧客にあったソリューションを提供します。

不具合の遠隔検知:遠隔監視・制御

大型または複雑な機械を使用する製造ラインでは、常時、厳重に稼働状況を監視することが必要です。IDECの遠隔監視・制御(M&C)システムを導入すれば、生産現場の管理者や保守作業員はどこからでも機器の稼働状況を監視したり、どのような整備が必要か判断することができます。例えば、測定値、温度、液量が危険なしきい値を超えそうになると、作業員にメールで通報します。IDECは、監視用カメラや各種センサと接続可能なIIoTコントローラを提供します。このようなシステムの導入によって、トラブルの発生を未然に防ぎ、生産ラインを継続して稼働させることができます。

適切な保全の実施:予知・予防保全

生産ダウンタイムを最小化するには、予知・予防保全が重要です。機械のライフサイクルにおける所定の時期に従って機器の状態を記録し、維持管理の予定を組むことは、想定外のダウンタイムの回避に役立ちます。また、機械が生成したデータのパターンを把握することで、保守作業員は、部品疲労、通常摩耗など、故障や動作不良に発展する前に予測することができます。IDECの提供するスマートデバイスは、機械の動作を監視し保守が必要な時期になると保守作業員に通知します。IDECのセンサ、PLCおよびタッチパネルは、発生前に故障を予測するのに役立つ重要な機械の動作情報を収集します。

交換作業の簡易化:交換が容易

メーカーにとって、製造現場でのダウンタイムを回避することは重要課題の一つです。しかし、ダウンタイムが必要な場合もあります。時には、部品交換や保守点検のために一時的に機械を停止することが必要です。スイッチの配線作業では、ドライバを用いたネジの取外し・取付けなどに時間と手間がかかります。スペースが限られた状況では、十分な作業スペースさえ取れないこともあります。IDECは、ネジだけではなくプッシュイン式やコネクタ式などの、取付け・取外しが簡単なコンポーネントを提供し、保守作業にかかる時間の大幅な短縮と生産ラインの迅速な復旧を支援します。

トラブル発生防止:事故によるダウンタイムを回避

従業員の負傷などが生産ダウンタイムにつながることがあります。安全デバイスは、作業員を保護し、事故を防ぐのに役立ちます。例えば、インターロックスイッチはオペレータが危険エリアに入って作業する際に、人の侵入を検知し機械を安全に停止させます。ライトカーテンは、人が通過すると生産ラインを停止させます。セーフティレーザスキャナは、危険区域に侵入する人やモノを検知します。IDECは、事故防止に役立つ専門技術で、生産ラインの継続稼働を支援します。