Your browser does not support JavaScript!
Skip to content Skip to navigation menu

人手不足への対応 | ソリューション | 日本

カメラを使った点検:防爆カメラ

石油化学プラントでは、作業環境を監視することや設備を定期的に点検することが求められます。通常は人が設備や機器を監視しますが、人手不足が深刻化するなか他の解決策も必要となっています。IDECは、人手不足の負担を軽減するソリューションを提供します。ワイヤレス防爆カメラを使った遠隔監視システムを導入すれば、プラントの日常点検の効率化を図ることができます。万一異常が発生した場合にも、オペレータが危険区域に近づくことなく安全な場所からカメラの画像により問題箇所の視覚的な確認や警報の検証が可能です。

現場作業の最適化:ロボットの活用

熟練労働者が不足するなか、製造業者は生産性の見直しを迫られています。協働ロボットを導入すれば、作業の自動化が図られ、熟練作業者の効率向上が図れます。IDECの安全機器を使って安全なロボットとの協働環境を実現することで、人手不足の負担を軽減することができます。IDECは、次のような、作業者の安全を確保するために多様なデバイスでサポートします。
• ロボットが協働作業に従事していること示すインジケーター
• ロボットの意図しない動作からの保護
• ティーチング作業時の安全確保

業務効率の改善:遠隔監視・制御

熟練労働者が不足している状況では、企業は労働者がより付加価値の高い業務に従事できるようにすることが必要です。遠隔監視・制御(M&C)システムは、大規模・複合施設を自動化し、業務の効率化・省力化を図ります。これにより、保守作業員はどこからでも現場の状況を把握でき、また熟練作業員を最大限に活用することができます。例えば、化学プラントでは、薬品の不足の発生やタンクへの薬品補充時の操業停止を防止するために、タンク水位の低下を自動で通知することができます。これにより、操業を停止することなく補充が可能になります。このような状況において、作業員はより生産的な作業に注力することができます。

計画的な保守による障害設備停止の防止:予防保全

人手不足の状況下では、設備を良好な運転状態に維持することは極めて重要です。IDECは、設備の動作状態を点検するスマートデバイスを提供します。例えば、製造設備の稼働状態を監視し、障害箇所が特定された際に、スマートフォンやタブレットへ警報メールを送信することで、障害の発生前に部品交換が可能となります。IDECは工場やあらゆる生産現場での保守作業員の負担を減らすことに貢献します。

データを活用した保守:予知保全

省力化の取り組みには、予知保全が有効です。部品疲労、整備の怠慢、通常摩耗などを重大な欠陥に発展する前に通知します。データ解析に基づいて事前修理を実施すれば、機器寿命の延長や故障による想定外のダウンタイムの回避を図ることができ、熟練作業者の生産性の維持につながります。IDECは、センサ、PLC、タッチパネルおよびIIoTによって装置機能を測定し、故障の発生を予知します。

設備機械を最大限に利用:オートメーション

オートメーションによって、製造現場は大きな変貌を遂げました。 IIoTを利用して異なるプラント間の機械を製造実行システム(MES)で相互接続すれば、機械やプラントの稼働率の最大化が図れます。 IDECが提供するオートメーションソリューションによって、自動化と生産性の最適化のための情報を取得することができます。時間とリソースの使用状況を視覚化でき、コスト、時間および稼働状況に影響する要因把握を容易にします。IDECは、組立ライン、点検ライン、出荷、搬送ライン、公共輸送、レストラン、オフィスビルなどの自動化ソリューションを提供します。